私たちの願い

経済の発展は、消費者の暮らしにさまざまな恩恵をもたらします。

一方、少子高齢化と地域コミュニティーにおける人のつながりの希薄化が進行する中で、モノやサービスの急激な技術革新やグローバル化、高度情報通信技術の発達等の影響によって、逆にそれらが消費者の暮らしに悪影響を与えたり、消費者被害を招いたりするといった事態も発生し、さらに拡大の傾向にあります。

こうした事態の進行は、不幸な消費者を増大させ、消費者の市場に対する不信感を醸成し、やがては我が国の発展に重大な影響を及ぼすものとなります。

しかし、一人でも多くの消費者が、モノやサービスをはじめ、暮らしにかかわる様々な情報を共有し、適切で合理的な選択と行動ができる賢い消費者になれば、さらに、消費者が社会倫理を共有し、お互いの多様性を認めあい、世界情勢のことや将来世代のことを考えて行動するようになれば、誰もが安心して安全で豊かに暮らすことができる社会の実現は大きく進みます。

そしてそれは、「安全安心な市場」を実現し、企業にとっても利益をもたらします。

そのために、企業は、常に消費者の暮らしを見つめ、声を聞き、声に応え、消費者・生活者目線の事業を推進していくことが重要です。

以上のような認識のもと、私たちはここに「一般社団法人 消費者市民社会をつくる会」を設立し、

  • 消費者が、消費生活において自主的・自律的に行動するための「消費者力」をつけることができるように、
  • 消費者が、持続可能な社会づくりあたたかい地域コミュニティーづくりに積極的に関わっていくための「消費者市民力」をつけることができるように
  • 企業が消費者・生活者を経営の中心に位置づけて、消費者・生活者目線の事業を推進していく「消費者志向経営力」をつけることができるように

志を同じくする仲間を募り広げ、ともに力を合わせて出あい・学びあいの場を設け、教育・啓発事業を推進していきます。

平成26年12月25日

一般社団法人 消費者市民社会をつくる会 設立総会

 

 

平成28年度の事業計画(平成28年10月~平成29年9月)

1.基本的な考え方

 当法人は、確かな消費者市民社会の構築に向けて、消費者と事業者双方を対象とした教育・啓発事業を推進します。

 取り組みにあたっては、会員同士の話し合いによる企画の立案、会員同士の協力による実行を基本とします。

2.おもな事業計画について

 (1)ASCON科学者委員会の取り組み

    平成27年度に引き続き、届出された機能性表示食品の評価活動を推進し、結果をホームページや

   討論会や講演会で情報提供します。

 (2)セミナー・討論会の開催

    平成27年度に引き続き、「食品表示」や「機能性表示食品制度」、「消費者志向経営」などを

   テーマに消費者、事業者、専門家、行政などが参加する場を設け、「対話」と「学びあい」を促進

   します。

 (3)普及啓発活動について

    ASCON「基本的な考え方」に基づき、消費者と事業者を対象とした教育・啓発のための講演活

   動を行います。

 (4)会員の拡大について

    会員の協力を得ながら、会員拡大に積極的に取り組みます。

 (5)その他

   他団体との連携

    ASCON会員団体や、ASCONが加入している団体との連携・情報共有を強め、消費者市民社会の

    形成を目指した取り組みを推進します。

    平成28年度には「消費者被害防止救済基金(仮称)」に加入予定です。